MENU

山田吉彦『海賊の掟』

山田吉彦

 2006 『海賊の掟』新潮新書

 

 海賊は男のロマン。マンガや映画の主題として頻繁に取り上げられては、さまざまに表象される海賊たち。本書はそうした海賊の実像について、現代の海賊、世界史上の海賊、日本の海賊に分けて紹介していく新潮新書の一冊です。

 著者は海洋問題の専門家ということもあり、断然面白いのは「現代に生きる海賊」と題された第一章、なかでも「マラッカ海峡とは」という節が白眉です(目次は本稿下部)。インドネシアシンガポール・マレーシアを一望のもとに収める海民の村を実際に訪れた著者によって、ごく普通の村人たちが海上の国境を自由に往来して漁をし、ときに水先案内人、ときに密貿易者、ときに海賊となって生きる姿が描き出されてゆきます。

 続く第二章では世界の海賊の歴史を概観したのち、キャプテン・キッドやドレークといった著名な海賊たちが列伝形式で紹介されています。また第三章では主に中世期の日本の海賊たちの様子が簡単に描かれてゆきます。

 

 さて、まず海賊についてまったく前提知識がないという人には、最初の一冊としておすすめできるでしょう。特に、マンガで海賊に興味を持った中学生などにはぜひ読ませてあげたい本だと思えました。

 ただしある程度の知識がある読者にとっては、読み物としてはそれなりに面白いものの、ちょっと煮え切らない一冊と感じるような気がします。著者は歴史家ではないとのことなので、後半で通り一遍に触れられている歴史上の海賊話は思い切って削り、第一章で述べられている現代の海賊に焦点を絞って深めた方が良い本になったんじゃないかなぁ……というお節介なアドバイスが抗いがたく口をつきそうになります(ついてるけど)。まあそれだと売れ行きが見込めないんだろうなという事情も拝察はするので、なんとも言い難いんですが。

 ともあれこの本はこの本として、著者の方にはフィールドワークに基づく本格的な研究書の方も期待したいところです。

 

目次

第一章 現代に生きる海賊

 1 海賊は実在する

 2 マラッカ海峡とは

第二章 七つの海を股にかけた男たち

 1 海賊の世界史

 2 最強海賊列伝

第三章 日本の海賊

 1 海を領地化した海上武装集団

 2 室町後期から戦国時代、覇権を握った海賊たち

 3 海賊の末裔

 4 今日に続く後日談

あとがき

 

新潮新書の全タイトルリストはこちらから

seesaawiki.jp

 

海賊についてもっと知りたい人はこちらもどうぞ
図説 海賊大全

図説 海賊大全

 
海賊の歴史:カリブ海、地中海から、アジアの海まで (「知の再発見」双書)

海賊の歴史:カリブ海、地中海から、アジアの海まで (「知の再発見」双書)