MENU

『シン・ゴジラ』:日本的な悲哀と希望に溢れた名作

  2016年に公開されたゴジラ映画の最新作です。大まかなストーリーとしては従来のものと同様に、東京湾沖に現れた謎の巨大生物が日本に上陸して破壊の限りを尽くし、主人公たちが自衛隊や米軍も巻き込んで撃退するという流れ。とはいえ過去の作品とは別な時間線上にある設定となっているようで、地上に初めて現れたその怪物がゴジラと命名されるシーンなども含まれています。

 

 本作の特色は、昔ながらの怪獣ものを政治ドラマとして描きだしているところ。主人公は対策本部を任された若手政治家やエリート官僚に設定され、現代日本でリアルな肩書を持って働く人々として登場します。そして、個々人としては極めて優秀で仕事に強い責任感を持つものの大局観に欠ける政治家や上級官僚たち、一つ一つ会議と承認を経なければ何も実行できない文書主義の官僚機構、対米従属と国際社会の圧力といった、戦後の日本に刻み込まれた制度のなかで苦闘する主人公たちの姿が映し出されてゆくことになります。

 このような個に優越する制度というテーマは、本作のなかで繰り返し提示されます。たとえば、自衛隊が出動していても承認なしでは攻撃できず、街や人々が破壊されてゆくのをただ眺めるだけという場面は、設備があっても臨機応変に動かせない日本的な悲哀を見事に象徴しています。また毎回少し迷った末に部下の提言をそのまま受け入れる総理大臣の姿からは、大統領が自らテロリストを殺戮しまくる『エアフォース・ワン』などと比較したとき、少なくとも一般的に観念されているリーダーの行為主体性としては途轍もない違いがあることに気づくはずです(もちろん、どちらが良いという話ではありません)。本作は現実の東京をゴジラ(に類する想定外の災害)が襲った際に、どのように事態が進行してゆくかを問う思考実験ともなっているわけです。

 とはいえ本作は決して絶望的な展望を示すのでも、必ずしも日本式の制度を全面否定するわけでもありません。主人公たちは権力の空白を嫌う官僚制度や、縦割りレベルでは極めて統制の取れた組織を逆手に取って、ゴジラという想定外の危機に対処してゆくのです。そして最終的には各国から部分的に力を借りながら、すでに現れてしまったゴジラと共存する道を模索することになるわけです。

 

***

 

 さすが大作映画と言うべきか、ディテールへの並々ならぬこだわりは大きな見どころになっています。関東民なら道の名前まで特定できる東京の街並みが無残に破壊されてゆく一方で、いつもの通勤電車が抵抗の武器になるところなどは胸が熱くなりますし、怪物が現れたにもかかわらず堅苦しい専門用語を用いながら細かな法令解釈の議論を戦わせる主人公たちの姿には、勤め人であれば妙な現実感を抱くことでしょう。(元システム屋の私なら、ゴジラが現れたときまずデータセンターの位置とUPSを確認するような気がします)。また自衛隊の全面協力を受けているようで、後方支援も含めたさまざまな兵器や兵員が縦横に運用される描写からは、本当にゴジラが出たらきっとこう戦うんだろうなというリアリティを感じさせます。

 そしてこの映画のなによりも良いところは、一人も悪人がいないこと。立場は違えども全員が職務に忠実で、結果的に裏目に出ることがあっても、事態を打開して日本を良くしたいという強い意思を持って行動する人々として描かれています。ふるまいに対して「日本的な」という形容詞をつけることは本質主義的であまり好きではないのですけれど、本作は冒頭の官僚機構の悲哀と表裏する形において日本的な勤勉さに希望を見出しており、安易に外来の解決策を受け入れるのではない結末とも相俟って、没落する日本に生きるわれわれに対して極めてポジティブなメッセージを発しています。 

 本作は日々懸命に働くわれわれのような労働者にも、ミリタリーマニアの若者にも、怪獣好きの子供にも訴えかける、普遍的な名作だと思います。個人的にはもう一度、子供ができたら一緒に観たい映画です。野暮なんで敢えて言いませんでしたが、本作のゴジラは明らかに原発のメタファーで、皮肉られていたのは東日本大震災時の政府対応ですよね。私に子供ができて映画を観られるほど大きくなるころには、本作で仄めかされていた希望が現実のものとなっていることを願いつつ……

 

良い映画でした:☆☆☆☆☆

 

 

シン・ゴジラ

総監督:庵野秀明

監督:樋口真嗣

公開:2016年

主演:長谷川博己石原さとみほか

 

Amazon Prime Videoに入れば『シン・ゴジラ』を含む沢山の映画が見放題!